ブログ運営情報、洋楽、小説をエンジニアがお届け

NAVERまとめ2020年9月30日でサービス終了

NAVERまとめが2020年9月30日でサービス終了というニュースが!11年の歴史に幕を閉じることになるって。

これまで作ったまとめはどうなっちゃうの?
まとめは見れなくなるの?

2020年9月30日から見れなくなります!

2020年7月1日に、LINEが運営するキュレーションサービスの「NAVERまとめ」が2020年9月30日をもって、サービスを終了することが発表されました。

ここでは、NAVERまとめのこれまでと、まとめの移行先について検証していきます。

NAVERまとめの歴史

2014年には月間23億PVを達成し、SEOにも強く、検索すればNAVERまとめが上位に表示されるというキュレーションサイトの全盛期でした。2016年にDeNAが運営していたキュレーションサイトで信頼性の問題が発生して問題になりキュレーションサイトへの悪いニュースが多く聞かれたのはこのごろ。

2017年にはgoogleがキュレーションサイトの検索順位を下げる、ペンギンアップデート(低品質なWebサイトの評価を調整するGoogleのアルゴリズムアップデート)によって、NAVERまとめもアクセス数減少の影響が発生。

2019年8月には、4,800万MBUに低下(約50分の1)しているのと、著作権問題も内在しておりサービス停止に至ったようです。※MBU:ユニークブラウザ(異なるブラウザ毎にカウント)

NAVERまとめの公式アナウンス

突然ではございますが、NAVERまとめは2020年9月30日をもちましてサービスを終了することとなりました。

サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性や、LINEグループ全体での選択と集中の観点などをふまえて検討した結果、今回の決断に至りました。

ご愛顧いただいた皆様には残念な結果となり、大変心苦しい限りですが、なにとぞご理解をいただけますようよろしくお願いいたします。

​NAVERまとめはロボット型検索では得られにくい、人々の知見や観点を活かした検索結果の提供を目指して2009年よりサービスを開始いたしました。

約11年間という長い間、サービス提供を続けることができたのは、ひとえに利用者の皆様の支えがあったからこそだと考えております。この場をお借りしまして、重ねて御礼申し上げます。

今回、NAVERまとめはサービス終了となりますが、簡潔に情報を集約して伝える「まとめ」そのものの価値は、日々増え続ける情報環境においてますます重要になってくると考えております。

​2019年、LINEは検索事業への参入を発表いたしました。NAVERまとめが培ってきたノウハウは、この新しい検索事業の発展に活かしてまいります。​​

NAVERまとめ

NAVERまとめのデータはどうなる?

これまで作成したまとめデータは、公式サイトによると、サービス終了後からMT形式によるダウンロード機能が提供される。とされています。

MT形式とは?

MT形式とは「MovableType」の略でブログ記事のデータ化を行うフォーマットのことを指します。

このMT形式で移行できるのは、「文章のみ」なので画像データなどは手動で移行する必要があります。

ということは、9月30日にはサイトが見れなくなるために、文章以外の画像などを含めて完全に移行するには、9月30日までに手動で移行するしかない。。ということになります。

もう少し早くサービス停止を発表して、今すぐMT形式での出力機能を提供してほしかった。
手動で移行するのはしんどい。

NAVERまとめの移行先

MT形式で移行できる先としては、大きく分けて2つあります。

①WordPress

MT形式をインポートできるプラグインを利用すれば移行可能です。

②ブログサービス

MT形式でのブログ引っ越しができる主要なブログサービスです。

  • アメーバブログ
  • はてなブログ
  • FC2ブログ
  • livedoor Blog

移行するならどこ?

結論から言うと、

簡単に始めるなら「ブログサービス」

長期でがっつりがんばるなら「WordPress」

という選択肢になります。

ブログサービスのメリット・デメリット

メリット
  • 無料で始められる
  • ドメインパワーが強いのでアクセス数が期待できる

ブログサービスの一番のメリットは無料で始められることです。また、それぞれのブログサービスの利用者が多くいるので、google(検索エンジン)からの評価も高く、アクセス数を集めやすいといったところが、ブログサービスのメリットとなります。

デメリット
  • サービスがいつ終了するか分からない

どこかの企業が運営しているサービスであると、NAVERまとめのように、いつサービス終了となるか分かりません。

過去にも15年運営されていた、「ヤプログ!」のブログサービスが終了したこともあるので、このようなリスクを考えると、WordPressが第1選択になります。

上記で上げたブログサービスでは、FC2ブログは度々トラブルを聞くので正直おすすめはできないですね。livedoor Blogは、NAVERまとめと同じLINEが運営していますし、Yahooと合併してZホールディングス傘下になるので、事業再編で同じようにサービス終了ということが起こるかもしれません。

移行するなら「アメーバブログ」か「はてなブログ」が現時点ではベストチョイスになります。

WordPressのメリット・デメリット

メリット
  • 制約がない
  • 長く運用するなら収益化が見込める

長期で運用するならば、ブログサービスの終了にも影響されることがなく、長く続けることで、ドメインパワーが上がり、収益も多く稼ぐことができます。

サイト自体も自分のものであるため、なんでも自由に行うことができます。

デメリット
  • 初期費用が発生する
  • SEOのテクニックが必要

WordPressで運用する場合は、レンタルサーバを借りたり、SEO(検索エンジンの上位に表示されるようにするテクニック)を考慮して記事作成、WordPressの設定調整を行う必要がるので、知識がない方には少し敷居が高い選択肢となります。

レンタルサーバは安い所を使えば、ロリポップ!など月250円から始められるところもあるので、1年もしっかり運営していけば、ペイできる費用です。レンタルサーバ代をケチると、安定性、サイトのレスポンスに欠けるので、エックスサーバーを利用することをオススメします。

SEOについては、有料のテーマを購入することで、ある程度はテーマが自動で対応してくれます。(無料でもデザインはシンプルですが、Cocoonという優れたテーマもあります。)

まとめのまとめ

これまで解説したように、NAVERまとめから移行するなら、

簡単に始めるなら「ブログサービス」

長期でがっつりがんばるなら「WordPress」

ですが、データ移行に使えるMT形式でデータ提供されるのは、サービス終了後の2020年9月30以降であるため、本気で移行するなら、今から手動で移行すべきです。

今から移行して、NAVERまとめの方に移行先のリンクを貼っておけば、少しでも移行先のアクセス数増加に繋がります。

これまで発生した収益については、2021年2月16日に支払い申請機能の提供終了​​となるので、現金化をお忘れなく。昔作って放置していたアカウントでも数千円ぐらいたまっていることが多いので。

まとめで作成した記事

筆者がまとめで作ったこの記事は、長い間google検索の1番目に表示されていた記事であり、もったいないので、今のうちに急いで移行します。移行した場合のコツなどあればまた紹介していきます。

WordPressでこのPVあったら、どれだけ稼げたんだろう?

ちなみに、NAVERまとめはアクセス数をviewで表しており、PVと異なるのは、検索エンジンのロボット巡回の数が含まれている値となっていますが、ほぼPVと同数と考えてよい値です。

少し前に作ったこの記事がゴミになってしまいます。。。

NAVERまとめでブログのPVアップNAVERまとめでブログのPVをアップできるか

以上、NAVERまとめの移行先についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です