ブログ運営情報、洋楽、小説をエンジニアがお届け

PDFのフォントが文字化けする場合の対処方法

PDFを作成して他の人に配布したら、表示が崩れているよって言われたけど、自分のPCではきれいに表示されているんだけど?

追加フォントが代替フォントに変換された為に表示が崩れている可能性が高いですね。追加フォントをPDFに埋め込めば解決できますよ。

PDFを他の人に配布した時に、「文字の表示が崩れる」と言われたことあるませんか?

Windows同士でも表示が崩れることもあれば、Windowsとmac間でも文字の表示が崩れる場合があります。Windowsとmacであれば、「やっぱりmacは使えない」、「macめんどくさい」というWindows、mac使い双方の言い争いをよく聞きますが、そんな時の、文字の表示が崩れる場合の原因と対策方法を解説します。

文字表示が崩れる原因

ExcelやWordからPDFを生成する場合、文字の表示が少しずれるということは、仕様上完全に解決はできません。

ですが、まったく違うフォントで表示されることがあります。

こんなとき、使っているフォントは、標準でインストールされているフォント以外を利用して作成していませんか?

他にも、Widows同士では綺麗に表示されるのに、macで見ると表示が崩れるといったことがあります。これは単純にOS間の問題ではなく、「PDFを表示するしくみ」から発生している事象となります。

PDFはどんなデバイスから見ても同じ見え方になるように、フォント自体をファイルに埋め込む機能を備えています。表示が崩れる場合は、フォントの埋め込みが設定されていない場合が多くの原因です。

フォントの埋め込みがされていない場合は、PDFが自動で判定した代替フォントで表示されるため、意図していたデザインと異なる表示になる場合があります。

実際に確認してみる

では実際に追加フォントをExcelで設定し、保存時に何も設定せずにPDFで保存を行なってみます。

保存したPDFをそのまま、Acrbat Readerで開くと、自分で使っているPCには追加フォントがインストールされているために、設定したフォントで表示されるので崩れずに表示されます。

自分のPCでは文字崩れなく表示される

ブラウザでPDFを開くと埋め込みフォントが設定されていない場合は、代替フォントで表示される動作をするため、ブラウザで確認してみます。

ブラウザでPDFを開くと表示が崩れる

フォントによっては、あまり変わらず表示されるものもありますが、大きく表示が異なるものが確認できました。

ポイント
PDFを配布する時に、外のPCで表示崩れが発生しないことを確認するには、ブラウザでPDFを開く

PDFのフォント設定がどのようになっているかは、Acrbat Readerで開いた状態で、以下から確認ができます。

  • ファイル - プロパティ - フォント

追加フォントが、埋め込みサブセットに追加されていない状態が確認できたので、次から、追加フォントを埋め込む方法を解説していきます。

原因は、追加フォントが埋め込みサブセットに追加されていないこと

PDF表示崩れの対処方法

異なるPCやブラウザ上で文字を崩さずに表示するためには、フォントの埋め込みを行う必要があります。

ここからその方法について手順を説明していきます。

CubePDFを使ってPDF出力

フォントを確実に埋め込み方法は、フリーソフトのCubePDFを使えば、対応することができます。

CubePDFは、プリンターの代わりに、仮想プリンターとして設定することで、出力先を紙からPDFに変更することができる便利なツールです。

ペーパーレスの時代にはとっても便利なソフトですし、高機能であるにも関わらず無料で利用できるところがすばらしいところです。

参考 無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF - CubeSoft, Inc.無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF - CubeSoft, Inc.

設定方法は、上記CubePDFのサイトより、ダウンロード後、インストールを行います。

CubePDFでフォント埋め込みに必要な設定

インストールができたら、PDFにフォント埋め込みを行う設定のために、CubePDFの設定を変更します。

  • コントロールパネル - デバイスとプリンター
  • CubePDFを右クリック - 印刷設定

印刷設定が開いたら、詳細設定を開きます。

ここで、フォント埋め込みに必要な3箇所の設定を変更します。

TrueTypeフォントソフトフォントとしてダウンロード
PostScript出力オプションエラーが軽減するよう最適化
TrueTypeフォントダウンロードオプションアウトライン

CubePDFでPDF出力

設定ができたら、ExcelからCubePDFを使ってPDF出力を行います。

  • Excelから印刷 - プリンターをCubePDFに変更

プリンターの変更ができたら、印刷を行います。すると、CubePDFのダイアログが表示されます。ここでは特別な設定は必要ありませんが、最低限変更する設定は以下です。

ファイルタイプPDF
解像度目的に合わせて変更
出力ファイル保存したいフォルダを設定

ファイルタイプで選べるフォーマット

  • PDF
  • PNG
  • JPG
  • BMP
  • PS
  • EPS
  • TIFF

最後に、「変換」をクリックすると、PDFが出力されます。

ヒント
設定を変更した情報を保存したい場合は、「設定を保存」を行う

設定の保存を行うことで、次回から出力パスなどの保存した情報を保持してくれるようになります。

フォントの埋め込み結果を確認

PDFが出力されたところで、出力されたPDFのフォント設定を確認してみます。AcrobatPDFでPDFを開いてから、

  • ファイル - プロパティ - フォント

確認すると、追加フォントが全て、「埋め込みサブセット」に設定されていることが確認できました。これで、他のPCでも文字の表示がくずれない設定ができました。

実際にブラウザで確認した結果です。

PDFでの文字表示くずれは、CubePDFで文字フォントを埋め込むことで対処可能

PDFの文字表示くずれで困ったら、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です