ブログ運営情報、洋楽、小説をエンジニアがお届け

【2020年8月】洋楽おすすめ

ヒット間違いなしの、洋楽おすすめ楽曲を紹介します。

Zedd & Jasmine Thompson – Funny

19歳のイギリス出身、シンガーソングライター、ジャスミン・トンプソンと、DJ、プロデューサーのゼッドの楽曲。

ゼッドの2020年最初の楽曲となる本作は、1年ぶりのリリース曲となっています。

Alicia Keys – So Done ft. Khalid

アリシア・キーズと、2018年グラミー賞で、主要部門5部門にノミネートされた、カリードのコラボソングは、2020年秋にリリース予定のアルバム「ALICIA」に収録予定。

ミュージックビデオの主演は、カンヌ映画祭で審査員賞に輝いた「American Honey」でヒロインを演じた、女優のサーシャレーン。

Miley Cyrus – Midnight Sky

マリー・サイラスの2019年5月以来となる、ニューシングルは、この後予定されている、7枚目のアルバム「She Is Miley Cyrus」からの先行シングル。

マリー・サイラスとコーディー・シンプソンが別れたというニュースの数時間後にリリースされた曲。

ミュージックビデオの監督は、マリー・サイラスが自ら行っています。

Ellie Goulding – Love I’m Given

エリー・ゴールディングの新曲PVは、ロックダウン中に地元のボクシングジムで撮影されています。エリー・ゴールディングは、かなりガチなトレーニングをしてボクシングに挑んだ様子が伝えられています。

Clean Bandit and Mabel – Tick Tock (feat. 24kGoldn)

24kGoldnは、アメリカンのラッパー。

グラミー賞を席巻した、ビリー・アイリッシュの5ヶ月ぶりの新曲。ビリー・アイリッシュの兄がプロデュースし、コロナでの隔離中に作成された楽曲。

PVは全編アニメーションとなっており、オーストラリアのアーティスト、アンドリューオノラトによって作成されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です