ブログ運営情報、洋楽、小説をエンジニアがお届け

RinkerのAmazon検索で【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 TooManyRequests何故?

rinkerでamazon検索エラー

いろいろなサイトを見ていると、アフェリエイト紹介でとっても見やすい表示があったので、どうやって表示しているのか調べるとRinkerというWordpressのプラグインで表示しているようだったので、さっそくインストールしてみました。

設定するのにいくつか手順がありますが、一通りできたので、早速商品リンクを作ってみようと、Rinkerの設定画面から、Amazonから商品情報を検索しようとしたら、エラー】リクエスト回数が多すぎます。 TooManyRequests のエラーが発生。

Rinkerリクエスト回数が多すぎます

なぜ?キーワードのせい?何で検索してもダメだけど!

これが原因っぽい。「2019/01/23 – Product Advertising API 利用ポリシーの変更について」

amazonアソシエイトのヘルプに、記載がありました。

「2019/01/23 – Product Advertising API 利用ポリシーの変更について」この制限でリクエストが制限されているようでした。ちなみに、Product Advertising APIは略して通称、「PA-API」と言われています。

PA-APIの制限事項

  • 初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)
  • PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加
  • 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト
  • 売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始はできません。

Product Advertising API 利用ポリシーの変更について

amazonアソシエイト

amazonの売上に貢献してないのに、サーバに負荷をかけるだけの奴には、つかわせねぇ。ってことね。

API利用開始60日間はいくらか使えますが、昔に設定してから放置してたので、使えなくなっている状態でした。amazonの役に立たたず、同じように困っている人用に、以下回避方法です。

手動でamazonリンク作成する方法

とっても簡単にできました。

まずは、「WordPressダッシュボード - 商品リンク - 新規追加」をクリックします。

新規投稿の画面で、「商品情報を取得」をクリックします。

Amazonからではなく、楽天市場のタブで商品を検索して出てきた、「商品リンク」を選択します。

いくつかの項目を自動で埋めてくれますが、Amazonの商品詳細は自動取得できないので、ここを手動で設定します。

Amazonのサイトで、普通に商品検索して、アソシエイト用のURLを作成して、先程のところに貼り付けます。Kindleがあれば、両方設定します。

これで完成です!

投稿に、ショートコードを貼り付けるだけで、このような商品リンクが作成できます。

これで商品購入実績ができれば、Amazonの商品も自動で取得されるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です